見た目は綺麗だったけど性格ブスだったあのコ|私の学生時代の思い出

03.06.15 / 未分類 / Author:

見た目は綺麗だったけど性格ブスだったあのコ
今、どうしてるだろうな~。
ニュースを見ているときにふと思い出しました。
現在でも、吉田純子が引き起こしたような事件が起こっています。
久留米看護師連続保険金殺人事件です。
吉田純子を含めた4人の同級生による保険金殺人事件のことを覚えているでしょうか。
同級生だったにもかかわらず、他の三人は吉田純子のことを吉田様と呼び
召使のように扱われ、殺人まで起こしたという事件でしたが、
現在でも、同じように女性リーダーとその下部たちによる殺人事件が起こっています。

そんなニュースを見ていた時にふと思い出したのが彼女のこと。
相変わらず、姫やってるのかな。
おばさんとなったあのコがどこまで姫キャラを通しているのかふと気になりました。
そして、どんな人生を送っているのだろうと。

見た目は綺麗だったけど性格ブスだったあのコ|私の学生時代の思い出

学生時代、なるべく関わり合いたくない子がいました。
見た目は綺麗だったけど、性格ブス。
性格ブスというよりか、自分が一番じゃないと気が済まない姫でないと
気が済まないような子でした。
いつも同じメンバーを自分の周りにおいて
自分の思い通りに動かしていたんです。
都合の良い子だけを周りにおいて
そこから抜けようものなら、急に冷たくしたり
仲間外れにしていたようにしていました。
その姫の周りの子たちは民となり、いつも姫に気を使っていたように思います。
私たちは、そのグループになるべく近づかないように行動していたので、
民と関わることもほとんどなかったんですが、
ふとしたことがきっかけで、民の中の一人のこと仲良くなり、
グループ内のこと、悩みなどを聞いていました。

ちょっと髪型を変えてきたら、それはそれで褒めちぎり、
いつも姫の意見に賛同し、付き合っていました。

周りの子たちより自分が引き立っていなくてはならないため、
周りの子たちは姫よりもいいものを持たないようにしていた感じだったし、
姫なしを中心として動いていました。

ただ、その姫の凄いところは、飴とムチの使い分けが上手なところです。
周りの民はどんどん姫にはまっていってる感がすっごくあったんです。
だから、部外者である私たちが姫の悪口を言おうものなら
ものすごい勢いで反抗してきました。
あんなに気を使った付き合いしかできないのに、本当に姫のことが好きなのか?
姫のとてつもない教祖力に驚かされました。
そして、仲の良かった子には、グループに抜けてこっちのグループに入ることも提案したけれど、
それはそれで、さみしいし、できないとのことで、私はその子の話を聞いてあげることしかできませんでした。

だけど、姫の性格のブス振りはここからがすごかったんです。
というのも、姫は自分もだけど自分のグループも一番華やかでならなかったということです。
私たちのグループ中を悪くさせようと考えたらしく、私にグループ内の友達が
私の悪口を言っていたよと吹っかけてきたんです。
そして、他の子には「私があなたの悪口を陰で言ってるよ。」といって
グループの中を悪くしようとしました。

ただ、あの子が私の悪口を言うわけなんてない。という自信があったので
話し合ってすぐに解決することができました。
巧みというべきか、そこまでするか?
考えが浅いというか、姫の性格ブスの本物さというか、女の怖さを初めて知ったできごとでした。

卒業をして、案の定、姫のグループは徐々に姫を避けるようになり
疎遠になったということでした。
あんなに民をかこっていた姫ですが、結局、ふたを開けてみれば誰もいなかったということです。

Comments: 0

Leave a Reply

« |